FrontPage >

目次

設定Tips

基本設定

  1. {
  2.     "editor.tabSize": 4,
  3.     "files.eol": "\n",
  4.     "redhat.telemetry.enabled": false,
  5.     "telemetry.enableTelemetry": false,
  6.     // ターミナル内でのVS Codeのキーバインディングを無効に
  7.     "terminal.integrated.allowChords": false,
  8. }

統合ターミナルの変更

  • 以下の例では、BashOnUbuntuOnWindowsに変更しています。現在では、Remote Developmentプラグインを利用してWSL2に接続するのがよいでしょう。
    1. {
    2.     "terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\Sysnative\\bash.exe",
    3.     //"terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\System32\\WindowsPowerShell\\v1.0\\powershell.exe"
    4.     //"terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\System32\\cmd.exe"
    5. }

Golang言語設定

  1. {
  2.     "go.formatTool": "goimports",
  3.     "go.gocodeAutoBuild": true,
  4.     "go.testOnSave": true,
  5.     "go.testEnvVars": {
  6.         "GO111MODULE": "on"
  7.     },
  8.     "go.useLanguageServer": true,
  9. }

Kubernetes

  1. {
  2.     "vs-kubernetes": {
  3.         "disable-linters": [
  4.             "resource-limits"
  5.         ]
  6.     },
  7. }

Python言語設定

  • Using Python environments in VS Code
    1. {
    2.     // ターミナルでの選択環境自動有効化を無効に
    3.     "python.terminal.activateEnvironment": false,
    4.     "python.venvPath": "${workspaceFolder}/.venv",
    5. }

プラグイン

Remote Development Extension Pack

  • リモート開発環境にアクセスしてVS Codeで開発を可能にするプラグインです。
  • アクセス方法には、WSL(Windows Subsystem for Linux)、SSH、Dockerコンテナの3つが利用できます。

WSL

  1. コマンドパレットから Remote-WSL を実行します。
  2. 初回アクセス時にはWSL上に vscode-server がインストールされた上で起動されます。

SSH

  • Windows10環境から利用する場合にはこちらを参考にSSHエージェントサービスを常時起動させるようにしておくとよいでしょう。

CodeServer

  • VS Codeをリモートサーバで実行可能にするOSSです。
  • 詳細は、こちらをご参照ください。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-11 (日) 10:24:00 (146d)