FrontPage >

セットアップの概要

  • 以下の手順では、マルチプロジェクトの設定を基本とします。
  • ドキュメントによると、推奨の実行環境はFastCGIのようです。高速化を図るため、静的コンテンツはFastCGIを経由しないようにします。

Trac 0.12 on Debian 6.0 セットアップ

  • 可能な限りdebパッケージでセットアップし、依存を満たさない場合には、easy_installを利用します。
  • debパッケージはバージョンが古いため、Trac 0.12の要件を個別に満たしセットアップします。
    $ aptitude show trac | grep Version
    Version: 0.11.7-4

Tracの必須要件

Python, version >= 2.4 and < 3.0

  1. プリインストールバージョンで問題ありません。
    $ python -V
    Python 2.6.6

setuptools, version >= 0.6

  1. debパッケージのバージョンで問題ないので、そのままインストールします。
    $ aptitude show python-setuptools | grep Version
    Version: 0.6.14-4
    $ sudo aptitude install python-setuptools

Genshi, version >= 0.6

  1. debパッケージのバージョンで問題ないので、そのままインストールします。
    $ aptitude show python-genshi | grep Version
    Version: 0.6-1
    $ sudo aptitude install python-genshi

SQLiteデータベース対応

  1. SQLiteは、debパッケージのバージョンで問題ないので、そのままインストールします。
    $ aptitude show sqlite3 | grep Version
    Version: 3.7.3-1
    $ sudo aptitude install sqlite3
  2. PySqlite?は、debパッケージのバージョンで問題ないので、そのままインストールします。
    $ aptitude show python-pysqlite2 | grep Version
    Version: 2.6.0-1
    $ sudo aptitude install python-pysqlite2

Tracのインストール

  1. Tracは、easy_installでインストールします。
    $ sudo easy_install Babel==0.9.5
    ...
    $ sudo easy_install Trac
    ...
    Best match: Trac 0.12.2
    ...
    Installed /usr/local/lib/python2.6/dist-packages/Trac-0.12.2-py2.6.egg
    Processing dependencies for Trac
    Finished processing dependencies for Trac

Trac 0.12 on CentOS 5 セットアップ

  • 可能な限りRPMパッケージでセットアップし、依存を満たさない場合には、easy_installを利用します。

EPEL (Extra Packages for Enterprise Linux)

  1. 拡張パッケージインストールのため、EPELリポジトリ利用のための設定を行います。
    $ wget http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
    $ sudo rpm -i epel-release-5-4.noarch.rpm
  2. 確認したところTracのRPMパッケージはバージョンが古いため、Trac 0.12の要件を個別に満たしセットアップします。
    $ yum info trac | grep Version
    Version    : 0.10.5

Tracの必須要件

Python, version >= 2.4 and < 3.0

  1. プリインストールバージョンで問題ありません。
    $ python -V
    Python 2.4.3

setuptools, version >= 0.6

  1. RPMパッケージのバージョンで問題ないので、そのままインストールします。
    $ yum info python-setuptools | grep Version
    Version    : 0.6c5
    $ sudo yum install python-setuptools

Genshi, version >= 0.6

  1. RPMパッケージのバージョンで要件を満たさないので、easy_installでインストールします。
    $ yum info python-genshi | grep Version
    Version    : 0.5.1
    $ sudo easy_install Genshi
    ...
    Best match: Genshi 0.6
    Downloading http://ftp.edgewall.com/pub/genshi/Genshi-0.6-py2.4.egg
    Processing Genshi-0.6-py2.4.egg
    Moving Genshi-0.6-py2.4.egg to /usr/lib/python2.4/site-packages
    Adding Genshi 0.6 to easy-install.pth file
    
    Installed /usr/lib/python2.4/site-packages/Genshi-0.6-py2.4.egg
    Processing dependencies for Genshi

SQLiteデータベース対応

  1. SQLiteはプリインストールのバージョンで問題ありません。
    $ sqlite3 -version
    3.3.6
  2. PySqlite?は、RPMパッケージのバージョンで問題ないので、そのままインストールします。
    $ yum info python-sqlite2 | grep Version
    Version    : 2.3.3
    $ sudo yum install python-sqlite2

Tracのインストール

  1. Tracは、easy_installでインストールします。
    $ sudo easy_install Babel==0.9.5
    ...
    $ sudo easy_install Trac
    ...
    Best match: Trac 0.12.2
    Downloading ftp://ftp.edgewall.com/pub/trac/Trac-0.12.2.zip
    ...
    Installed /usr/lib/python2.4/site-packages/Trac-0.12.2-py2.4.egg
    Processing dependencies for Trac

プロジェクトの作成

  1. プロジェクトのためのルートディレクトリを用意します。Tracをeasy_installしていますので、/var/local 以下に作成します。
    $ sudo mkdir -p /var/local/trac
  2. 以下の要領でプロジェクトを作成します。
    $ sudo trac-admin /var/local/trac/example initenv
    Creating a new Trac environment at /var/local/trac/example
    
    Trac will first ask a few questions about your environment
    in order to initialize and prepare the project database.
    
     Please enter the name of your project.
     This name will be used in page titles and descriptions.
    
    Project Name [My Project]> Example Project
    
     Please specify the connection string for the database to use.
     By default, a local SQLite database is created in the environment
     directory. It is also possible to use an already existing
     PostgreSQL database (check the Trac documentation for the exact
     connection string syntax).
    
    Database connection string [sqlite:db/trac.db]>
    
    Creating and Initializing Project
     Installing default wiki pages
    ...
    ---------------------------------------------------------------------
    Project environment for 'Example Project' created.
    
    You may now configure the environment by editing the file:
    
      /var/local/trac/example/conf/trac.ini
    
    If you'd like to take this new project environment for a test drive,
    try running the Trac standalone web server `tracd`:
    
      tracd --port 8000 /var/local/trac/example
    
    Then point your browser to http://localhost:8000/example.
    There you can also browse the documentation for your installed
    version of Trac, including information on further setup (such as
    deploying Trac to a real web server).
    
    The latest documentation can also always be found on the project
    website:
    
      http://trac.edgewall.org/
    
    Congratulations!

TracスタンドアロンWebサーバで起動(テスト)

  1. tracd コマンドで起動させます。
    $ sudo tracd --port 8000 /var/local/trac/example
  2. http://localhost:8000/example にアクセスします。
  3. 起動コマンドには、いずれか一つのプロジェクトのパスを指定しなければならないのですが、http://localhost:8000/ にアクセスするとプロジェクト一覧が表示されます。

Apache with mod_fcgid で起動

  1. mod_fcgid をインストールします。
    1. Debian
      $ sudo aptitude install apache2 libapache2-mod-fcgid
    2. CentOS
      $ sudo yum install httpd mod_fcgid
  2. 静的コンテンツ*1とスクリプトを用意し、FastCGIスクリプトには適切な実行権限を付与します。
    $ sudo trac-admin /var/local/trac/example deploy /usr/local/share/trac
    $ sudo chmod 755 /usr/local/share/trac/cgi-bin/trac.fcgi
  3. プロジェクトコンテンツのオーナをApacheの実行ユーザがアクセスできるように変更します。
    1. Debian
      $ sudo chown -R www-data:www-data /var/local/trac
    2. CentOS
      $ sudo chown -R apache:apache /var/local/trac
  4. 以下の要領で、Apacheの設定を行います。
    # Trac共通の静的コンテンツ(FastCGIを経由せず、Apacheが直接フィードするようにします)
    Alias /trac-common /usr/local/share/trac/htdocs/common
    # FastCGI
    ScriptAlias /trac /usr/local/share/trac/cgi-bin/trac.fcgi/
    # プロジェクトのルート(マルチプロジェクトのため)
    DefaultInitEnv TRAC_ENV_PARENT_DIR /var/local/trac
    # eggキャッシュ
    DefaultInitEnv PYTHON_EGG_CACHE /var/local/python/egg-cache
  5. 各プロジェクトの設定ファイル(conf/trac.ini)に、静的コンテンツのパスを設定します。
    [trac]
    htdocs_location = /trac-common
  6. Apacheを再起動させ、http://localhost/trac にアクセスすると、プロジェクト一覧が表示されます。CentOSで動作しない場合には、SELinuxやファイルパーミッションの設定を確認してください。

リソース


*1 指定したプロジェクト固有(サイト、プラグイン)の静的コンテンツも配備されますが、マルチプロジェクト設定なのでApacheで直接フィードするのはTrac共通の静的コンテンツ(この場合は、/usr/local/share/trac/htdocs/common)のみです。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-10 (日) 22:15:09 (2989d)