HadoopWithSecurity >

目次

HadoopのProxyUser(Secure Impersonation)とは

  1. ProxyUserとは、Hadoop環境(主にHDFS、MapReduce?フレームワーク)へのアクセスにおいて別のユーザへの変更(スイッチ)を許可されたユーザです。
  2. ユーザ変更のためには、以下の制限を満たす必要があります。
    1. ProxyUserとして設定されていること。
    2. 許可されたサーバ(アドレス)からのアクセスであること。
    3. 目的のユーザが、変更可能ユーザグループに属していること(UNIXグループで解決)。
  3. ProxyUser設定される代表的なユーザとしては、OozieHDFSProxyHoop(httpfs?) があります。
  4. また、OozieHoop(httpfs?)自身にもこのSecure Impersonation機能が実装されています。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-08-02 (木) 21:00:42 (2684d)