Oozie >

note.pngDEPRECATED!: このバージョンのOozieは古いです。ご利用は非推奨です。Oozieインストールをご参照ください。

目次

Cloudera配布版

  • Installing Oozie にインストール方法が詳しく記述されています。特徴としては、インストール要件としてサーブレットコンテナには Apache Tomcat を、データストレージには MySQL Server を指定することにより導入手順をよりシンプルにしている点が挙げられます。

インストール

  • Debian 系を例に説明します。Red Hat 系でもパッケージ管理ツールが異なるものの同様のプロセスになります。
  • Installing CDH3 on Debian Systems を参考に、apt-line に CDH3 のリポジトリを追加し、インデックスを更新しておきます。

クライアント

  1. クライアントパッケージをインストールします。
    # aptitude install oozie-client
    ...
    $ oozie version
    Oozie client build version: 1.6.2-0.20.2-320--SNAPSHOT
  2. OOZIE_URL 環境変数、またはコマンド実行時に -oozie オプションに、Oozie サーバのURLを設定します。
    $ export OOZIE_URL=http://localhost:8080/oozie
    $ oozie admin -version
    Oozie server build version: 1.6.2-0.20.2-320--SNAPSHOT

サーバ

  1. 必要なソフトウェアをまずインストールします。
    # aptitude install tomcat6 mysql-server
  2. Oozie のためのデータベースユーザを用意します。
    $ mysql -u root -p
    Enter password:
    ...
    mysql> grant all privileges on oozie.* to 'oozie'@'localhost' identified by 'change_on_install';
    Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
  3. MySQL のJDBCドライバをダウンロードし、Tomcat のライブラリパスに配備します。
    $ tar xvzf mysql-connector-java-5.1.13.tar.gz
    $ cd mysql-connector-java-5.1.13
    # cp mysql-connector-java-5.1.13-bin.jar /usr/share/tomcat6/lib/
  4. Oozie のサーバパッケージをインストールします。
    # aptitude install oozie
  5. ライセンスの関係で同梱されていない ExtJS 2.2 ライブラリをダウンロードし、Oozie のWARモジュールに含めます。
    $ wget http://www.extjs.com/archive/extjs/ext-2.2.zip
    $ cd /usr/lib/oozie
    # ./installextjs.sh /path/to/ext-2.2.zip
    Oozie WAR '/usr/lib/oozie/wars/oozie.war' file now contains ExtJS library
  6. Oozie のWARモジュールをTomcatに配備します。
    # cp /usr/lib/oozie/wars/oozie.war /var/lib/tomcat6/webapps/
  7. Tomcat の設定ファイル(/etc/default/tomcat6)に以下の内容を追加します。
    1. # Oozie のリスナ開始時に java.security.AccessControlException がスローされましたので
    2. # とりあえず無効にしておきます。※適切な変更が必要。
    3. TOMCAT6_SECURITY=no
    4. ...
    5. # Oozie の設定ファイル格納ディレクトリをポイントします。
    6. JAVA_OPTS="-Doozie.config.dir=/usr/lib/oozie/conf"
  8. Oozie の設定ファイル(/usr/lib/oozie/conf/oozie-site.xml)の以下の箇所を環境にあわせて変更します。
    1. <property>
    2.     <name>oozie.db.schema.create</name>
    3.     <value>true</value>
    4.     <description>
    5.         Creates Oozie DB.
    6.          If set to true, it creates the DB schema if it does not exist. If the DB schema exists is a NOP.
    7.          If set to false, it does not create the DB schema. If the DB schema does not exist it fails start up.
    8.     </description>
    9. </property>
    10.  
    11. <property>
    12.     <name>oozie.service.DataSourceService.jdbc.driver</name>
    13.     <value>com.mysql.jdbc.Driver</value>
    14.     <description>JDBC driver class.</description>
    15. </property>
    16.  
    17. <property>
    18.     <name>oozie.service.DataSourceService.jdbc.url</name>
    19.     <value>jdbc:mysql://localhost:3306</value>
    20.     <description>JDBC URL.</description>
    21. </property>
    22.  
    23. <property>
    24.     <name>oozie.service.DataSourceService.jdbc.username</name>
    25.     <value>oozie</value>
    26.     <description>DB user name.</description>
    27. </property>
    28.  
    29. <property>
    30.     <name>oozie.service.DataSourceService.jdbc.password</name>
    31.     <value>change_on_install</value>
    32.     <description>
    33.         DB user password.
    34.         IMPORTANT: if password is emtpy leave a 1 space string, the service trims the value,
    35.         if empty Configuration assumes it is NULL.
    36.     </description>
    37. </property>
    38.  
    39. <property>
    40.     <name>oozie.service.AuthorizationService.security.enabled</name>
    41.     <value>true</value>
    42.     <description>
    43.         Specifies whether security (user name/admin role) is enabled or not.
    44.         If disabled any user can manage Oozie system and manage any job.
    45.     </description>
    46. </property>
  9. ログ出力先を環境にあったものに変更します(/usr/lib/oozie/conf/oozie-log4j.properties)。
  10. Tomcat を再起動します。データベーススキーマが作成され、Oozie が利用可能となります。
    # /etc/init.d/tomcat6 restart
    1. デフォルトインストールの Tomcat であれば、WebコンソールのURLは以下になります。
      http://localhost:8080/oozie/

サンプルジョブ

リソース


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-30 (月) 11:12:24 (2670d)