FrontPage >

目次

インストール

  • ユーティリティを利用して任意のバージョンのNode.jsをインストールします。

n(Node.js version management)による場合

  1. n-install でnをインストールし、(環境にあわせて .bashrc 等が自動で編集されますので)必要な環境変数を有効にします。
    $ curl -L http://git.io/n-install | bash
    ...
    $ source .bashrc
    $ n -V
    2.1.8
    $ node -v
    v8.6.0
  2. 最新のLTSをインストールし、アクティブにします。
    $ n ls
    # 利用可能なバージョン一覧を表示
    
    $ n --lts
    6.11.4
    $ n lts
    
         install : node-v6.11.4
           mkdir : /home/yomei/n/n/versions/node/6.11.4
           fetch : https://nodejs.org/dist/v6.11.4/node-v6.11.4-linux-x64.tar.gz
    ######################################################################## 100.0%
       installed : v6.11.4
    
    $ node -v
    v6.11.4
    $ npm -v
    3.10.10

nvm(Node Version Manager)による場合

  1. インストールスクリプトでnvmをインストールし、(環境にあわせて .bashrc 等が自動で編集されますので)必要な環境変数を有効にします。
    $ curl -o- https://raw.githubusercontent.com/creationix/nvm/v0.33.5/install.sh | bash
    ...
    $ source .bashrc
    $ nvm --version
    0.33.5
  2. 最新のLTSをインストールし、アクティブにします。
    $ nvm ls-remote --lts 6
             v6.9.0   (LTS: Boron)
             v6.9.1   (LTS: Boron)
             v6.9.2   (LTS: Boron)
             v6.9.3   (LTS: Boron)
             v6.9.4   (LTS: Boron)
             v6.9.5   (LTS: Boron)
            v6.10.0   (LTS: Boron)
            v6.10.1   (LTS: Boron)
            v6.10.2   (LTS: Boron)
            v6.10.3   (LTS: Boron)
            v6.11.0   (LTS: Boron)
    ...
    $ nvm install --lts
    Installing latest LTS version.
    Downloading and installing node v6.11.4...
    Downloading https://nodejs.org/dist/v6.11.4/node-v6.11.4-linux-x64.tar.xz...
    ######################################################################## 100.0%
    Computing checksum with sha256sum
    Checksums matched!
    Now using node v6.11.4 (npm v3.10.10)
    Creating default alias: default -> lts/* (-> v6.11.4)
    
    $ node -v
    v6.11.4
    $ npm -v
    3.10.10

Windows環境

  • nvm-windows や nodist といったバージョン管理ツールを用いてインストールするとよいでしょう。
    C:>nvm ls available
    
    |   CURRENT    |     LTS      |  OLD STABLE  | OLD UNSTABLE |
    |--------------|--------------|--------------|--------------|
    |   11.10.1    |   10.15.3    |   0.12.18    |   0.11.16    |
    |   11.10.0    |   10.15.2    |   0.12.17    |   0.11.15    |
    |    11.9.0    |   10.15.1    |   0.12.16    |   0.11.14    |
    |    11.8.0    |   10.15.0    |   0.12.15    |   0.11.13    |
    |    11.7.0    |   10.14.2    |   0.12.14    |   0.11.12    |
    |    11.6.0    |   10.14.1    |   0.12.13    |   0.11.11    |
    |    11.5.0    |   10.14.0    |   0.12.12    |   0.11.10    |
    |    11.4.0    |   10.13.0    |   0.12.11    |    0.11.9    |
    |    11.3.0    |    8.15.1    |   0.12.10    |    0.11.8    |
    |    11.2.0    |    8.15.0    |    0.12.9    |    0.11.7    |
    |    11.1.0    |    8.14.1    |    0.12.8    |    0.11.6    |
    |    11.0.0    |    8.14.0    |    0.12.7    |    0.11.5    |
    |   10.12.0    |    8.13.0    |    0.12.6    |    0.11.4    |
    |   10.11.0    |    8.12.0    |    0.12.5    |    0.11.3    |
    |   10.10.0    |    8.11.4    |    0.12.4    |    0.11.2    |
    |    10.9.0    |    8.11.3    |    0.12.3    |    0.11.1    |
    |    10.8.0    |    8.11.2    |    0.12.2    |    0.11.0    |
    |    10.7.0    |    8.11.1    |    0.12.1    |    0.9.12    |
    |    10.6.0    |    8.11.0    |    0.12.0    |    0.9.11    |
    |    10.5.0    |    8.10.0    |   0.10.48    |    0.9.10    |
    
    C:>nvm install 8.15.1
    ...
    C:>nvm use 8.15.1
    ...
    C:>node -v
    v8.15.1

開発ツール

ESLint

  • 最近は ESLint で構文チェックのみを Prettier でソースコードフォーマットをするのが良いようです。
  1. 必要なパッケージをインストールします。
    $ npm install eslint prettier eslint-config-prettier eslint-plugin-prettier -D
  2. .eslintrc.yml: 以下の要領で設定を追加します。
    1.   "scripts": {
    2.     "debug": "node --inspect --nolazy --debug-brk=9229 server.js"
    3.   },
  3. 開発中は、eslint コマンドでフォーマットと構文チェックを同時に実施するとよいでしょう。IDEでファイル保存時に自動で修正を実施するようにしてもよいでしょう。
    $ eslint --fix .

VisualStudioCode

  • 環境に合わせたNode.jsをインストールする必要があります。

on Windows 10

  • Windows上で統合ターミナルにBashOnUbuntuOnWindowsを利用する場合には、BashOnUbuntuOnWindows環境にも(もちろんLinux版の)Node.jsをインストールしておく方がよいでしょう。
  • VS CodeからUbuntuOnWindows上のファイルにはアクセスできませんので、ソースはWindows側に置きUbuntuOnWindows上ではマウントされたドライブ(デフォルトでは /mnt/c)からアクセスするとよいでしょう。UbuntuOnWindows上でも code コマンドでVS Codeを起動させることが可能です。
    $ cd /mnt/c/Users/alice/dev/projectA
    $ code .
    ...

パッケージ管理

ツール

  1. npm
  2. yarn

既知の問題

パッケージインストールが遅い、または停止する

  • npmyarnともにIPv6には対応していないようです。IPv6が優先される環境*1では動作に支障が出てきます。以下のような回避方法があります。
  1. 許容可能であれば、環境のIPv6を無効にします。システムの他のサービスに支障があるかもしれませんので注意が必要です。
  2. IPv4のみで提供されるプロキシを利用するようにします。yarnはnpmの設定を参照しますので、以下の要領で設定すれば十分です。
    $ npm config set proxy http://proxy.example.com:3128
  3. あまりおすすめできない方法ですが、ローカルの名前解決設定(/etc/hosts等)にレジストリのIPアドレス(当然ながらIPv4のみ)を追加してしまいます。

Tips

node_modules/.bin/ のパスを通す

  • 最も簡単なのは、~/.bashrc や ~/.profile に以下の設定を追加し、パスを通します。
    1. {
    2.     "version": "0.2.0",
    3.     "configurations": [
    4.         {
    5.             "type": "node",
    6.             "request": "launch",
    7.             "name": "Launch via NPM",
    8.             "runtimeExecutable": "npm",
    9.             "runtimeArgs": [
    10.                 "run-script",
    11.                 "debug"
    12.             ],
    13.             "port": 9229
    14.         }
    15.     ]
    16. }
    $ jenkins-mocha -V
    4.1.0
    ...
  • yarn を利用している場合には、yarn run で node_modules/.bin 以下のコマンドを実行できます。
    $ yarn run jenkins-mocha -V
    yarn run v1.13.0
    ...
    4.1.0

デバッグ

Visual Studio Code

via npm

info.pngNode.js Debugging in VS Code

  1. あらかじめ依存パッケージをインストールしておきます。
    $ npm install
  2. ./package.json: debug スクリプトを定義します。
    1. {
    2.     "version": "0.2.0",
    3.     "configurations": [
    4.         {
    5.             "type": "node",
    6.             "request": "launch",
    7.             "name": "Launch via NPM",
    8.             "runtimeExecutable": "npm",
    9.             "runtimeArgs": [
    10.                 "run-script",
    11.                 "debug"
    12.             ],
    13.             "port": 9229
    14.         }
    15.     ]
    16. }
  3. ./.vscode/launch.json: (「デバッグ > 構成を開く」で)npm経由のデバッグ起動定義を追加します。
    1. {
    2.     "version": "0.2.0",
    3.     "configurations": [
    4.         {
    5.             "type": "node",
    6.             "request": "launch",
    7.             "name": "Launch via NPM",
    8.             "runtimeExecutable": "npm",
    9.             "runtimeArgs": [
    10.                 "run-script",
    11.                 "debug"
    12.             ],
    13.             "port": 9229
    14.         }
    15.     ]
    16. }
  4. F5押下でデバッグセッションを開始します。

参考リソース


*1 例えば、Windows 10

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-18 (日) 12:49:31 (95d)